左官一体複合断熱 | サンキホーム 湘南の注文住宅・工務店(藤沢、茅ヶ崎、鎌倉、逗子など)
スマートフォン用ページへ

左官一体複合断熱

省エネ住宅にプラスαの提案を

2020年の省エネ基準義務化により、省エネ住宅の提案が当たり前となっていく中、高断熱を謳うだけでは、差別化を図ることは難しくなっていくのではないでしょうか。EX・サーモ仕様は、ワンランク上の省エネ住宅を提案するために、高い断熱性と外観の差別化が同時に図ることが出来る次世代型の外張り断熱システムとして開発されました。充填断熱100㎜と外張り断熱50㎜の複合断熱を施すことにより、外皮の断熱性能を表す熱抵抗値は3.4㎡・K/Wを確保しました。これは、省エネルギー基準において最高性能とされる1・2地域の3.3㎡・K/Wを上回る数値です。今後、低炭素住宅やZEH等、より強化されていく省エネルギーに関する基準にも対応可能です。そして、建物のイメージを決める外壁仕上げには、左官職人の鏝技術による、上質さと温かみのある天然骨材の塗りを施します。新築戸建て住宅の外装材のうちおよそ8割を窯業系サイディングやタイルが占める中、左官塗り壁による外観の差別化を図ることができます。これからの住宅提案において、 EX・サーモ仕様の高い断熱性能と自由な外観デザイン性で、他社との差別化を図りませんか。

EX・サーモ仕様のこだわり

断熱性、耐風圧性、耐候性、耐衝撃性

仕上げ一体型外張り断熱システム

断熱材に左官塗材等の仕上げ材を密着させる湿式工法です。通気層が無いため断熱材、外装材には透湿性の高い素材が求められます。断熱材の外側に通気層を設け、窯業系サイディング等の外装材で仕上げる乾式通気工法と比べ、軽量かつデザイン自由度の高さ等のメリットがあります。

透湿性メカニズム

EX・サーモ仕様の断熱材、ベースコート、フィニッシュコートは、それぞれが水蒸気を透過させる性能を有します。JISA1324に準ずる 試験を行い、室内からの湿気は壁体内に溜まることなく、外部にスムーズに排出される水蒸気透過性能を確認しています。

壁体内水蒸気分圧分布イメージ

意匠性

左官仕上げ

左官職人の鏝技術を生かした多彩なデザインによる塗り壁仕上げで構成されます。システムの高い可とう性が構造躯体の挙動によるクラックを抑制するため、目地の無い大壁左官仕上げが可能です。自由な外観デザインと高断熱性で、他社と差別化を図ることができます。

左官仕上げ

高断熱性

断熱性能

EX・サーモ仕様は、充填グラスウールと外張り付加断熱による複合断熱方式を採用しています。断熱材の熱抵抗値(R値)は、省エネルギー基準における最も高い水準の基準値※を大きく上回る3.4㎡・K/Wを確保し、国内最高水準の断熱性能を実現しました。高い断熱性能を発揮するためには、建物全体で連続した断熱層を形成することが重要です。 EX・サーモ仕様では、外張り断熱の隙間のない施工により、断熱欠損部分を極力少なくすることができます。

複合断熱 熱移動イメージ

断熱性能

EX・サーモ仕様は、充填グラスウールと外張り付加断熱による複合断熱方式を採用しています。断熱材の熱抵抗値(R値)は、省エネルギー基準における最も高い水準の基準値※を大きく上回る3.4㎡・K/Wを確保し、国内最高水準の断熱性能を実現しました。高い断熱性能を発揮するためには、建物全体で連続した断熱層を形成することが重要です。 EX・サーモ仕様では、外張り断熱の隙間のない施工により、断熱欠損部分を極力少なくすることができます。

開口部廻り(横断面)

施工手順

施工手順