藤沢市 自然素材に包まれる家

皆さん、こんにちは!

 

梅雨があけて夏本番。

日本の夏はただ暑いだけでなく「高温多湿」

その独特な暑さから熱中症になる人も毎年多いですよね。

気温の他に暑い・寒いを左右するのは湿度です。

同じ気温でも湿度が低ければ涼しいと感じます。

人が快適と感じる湿度は50%くらいと言われているようですが、夏の湿度は75~80%になるそうなのでなかなか辛いものです。

 

そこでサンキホームが提案するのが「漆喰」です。

 

漆喰の内壁は湿度の調整機能がある為、夏のジメジメした湿気にも効果的。

 

そんな漆喰を使った優しい空間のお家をご紹介!

床に無垢のパイン材、壁に漆喰、自然素材に包まれたお部屋となっております。

光が差し込むと漆喰の白が一段と明るく爽やかな印象になります。

 

漆喰や無垢材など人に優しい自然素材を使って快適な家づくりをしませんか?

お気軽にサンキホームまでご連絡下さい。

無垢の床

無垢床材サンプルの一例です。

無垢のメリットは、重厚感(本物感)・素足での足触り

・経年美・調湿効果あたりでしょうか。

 

他方、無垢ならではのデメリットも沢山あります。
傷が付き易い・色や模様などバラツキがある(同じものはないので)

・汚れや傷が心配になる(特に完成直後は)

・隙やソリがでる・価格が高い・・・などなど。

 

でも、そういったデメリットを打消すだけの魅力を多く
もっているので、本物志向派に広く受入れられています。

 

サンキホームでは、本物の良さを理解していただける方に、
この湘南であるべき姿の住宅を、これからも追求・探求し、
ご提案していきます。

不動産売却

先日10年以上前にご購入頂いたお客様のマンション売却のお手伝いをさせて頂きました。

お客様から今年は何か行動するのに良い雰囲気を感じるから売却してほしいと申し受けたのですが、売却から引渡までかなりスムーズに進み、お客様の感覚の鋭さが素晴らしいね!なんて話もしておりました。

このお客様は色々と計画的に動かれる方なんですが、自分の身の回りも奇麗にしたいという事で今回の不動産売却もなさりました。売却するにあたって書類等を役所へ取得しに行ったりと私もお手伝いをさせて頂いたのですが、お客様から今後私に何かあったらよろしくね!と言われ、ご子息にも「私に何か有った時にはサンキホームに連絡しなさい」とサンキホームの連絡先も渡してあるそうです。こんなお話を伺って、私もこの仕事をしてきて良かったなと思います。勿論良い事ばかりではないですが、今後も一人でも多くの人に感謝されるような仕事を心掛けていきたいです。

サンキホームは新築・リフォーム・外構の他にも不動産の購入・売却・賃貸やインスペクションも行っております。多くの方は自然素材や漆喰を使った住宅造りのイメージかと思います。住宅に係る事は殆ど対応しておりますので、お気軽にお声掛け下さい。

最後に今回のお客様とお取引後にウナギを食べに行こうと言われていたのですが、体調不良で実現しませんでした。近いうちに一緒に食べに行ける事を楽しみにしています。

海がきこえる町

こんにちは。例年になく早い梅雨あけと思ったら、今日は少ししっとりしていますね。

 

さて、海が好きで時々散歩がてらに写真を撮ります。
そんなときいつも思うのは、湘南の海は絵になるなーということ。

 

富士山や伊豆半島などが背景をかざり、江の島や烏帽子岩、サーファーや海辺を歩く人たちなどがよい点景になります。

 

波の音をききながら目にするこの風景は、気持ちをおだやかにしてくれたり、いつまでも心に残る心象風景になったりするのでしょう。

 

海やみどり、湘南に惹かれ住みつづける方たち、この地に魅せられて新たに越してきたり、たびたび訪ねてこられる方たち、あるいは自然の素材にこだわりを持つ方などお客様の思いはさまざまですが、みなさまの暮らしをよりよいかたちにすることができればと、日々図面とにらみっこをしています(^^)

 

 

 

dav

ご成約キャンペーン実施中


こんにちは。サンキホームです。

7月中にご契約された方に限り、ご成約キャンペーンとして
天然無垢の1枚板をプレゼント致します。

ダイニングテーブルやキッチンカウンターなど様々な使い方ができますので
ワンランク上のインテリアの主役にいかがでしょうか?
湘南地域で人気のサーフ系インテリアや、ビンテージ風のインテリアにもぴったりです。
詳しくはお問い合わせくださいませ。

逗子市 T様邸改修工事

改修工事終盤、だんだんと完成に近づいてきました。

外壁は高圧洗浄後、全面リシン吹きつけ

 

板金屋根や軒裏と破風は傷んだ部分を張替えて塗装仕上げ

 

雨樋も破損していたので交換

 

 

窓が無く真っ暗だった納戸を明るい洋室に

 

使っていなかったキッチンがあった場所は納戸に

 

住宅はメンテナンスする事で長持ちさせることができます。
リフォームも新築もご予算に合わせてご相談に乗らせていただきます。
お気軽にサンキホームまで連絡してください。

アトリエのある家 屋根工事

アトリエのある家の屋根工事を行っております。

屋根材はガルバリウム鋼板です。

上からは太陽の陽射し、下はその照り返しで、夏の屋根工事は大変なことかと思います。

関東地方、梅雨も明け、本番へと向かっていきます。

「美しい湘南を愛します!」と暑さに負けず、事故のないようにサンキホーム及び業者会一同、頑張っていきます。

キッズスペース

皆さんこんにちは

先日、お打合せ場所としております当社弐番館二階のキッズスペースに、

ふかふかの人口芝のマットをご用意いたしました。

おもちゃの方も多くご用意しております。

二階にございますので転落防止の為、階段上にお子様用の扉を設置しております。

お子様連れのお客様も安心してお打合せできます。

どうぞご家族でお打合せにいらしてください。

 

ステンブレースシステム

皆さんこんにちは!サンキホームです。

今回はちょっとかわった筋交をご紹介します。

サンキホームの建物は外周部を構造用面材でしっかり固定し耐震性を強化しております。建物内部は筋交を使用した構造になっておりますが、通常筋交が入る壁はボードが貼られてしまう為眺望などが望めなくなってしまいます。

仮にボードを貼らなくても木製の筋交が現しになりますので、少し存在感が出てきます。

そう言う時にお勧めなのが『ステンブレースシステム』です。極力筋交を主張させずに構造耐力が確保出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水平方向にも使えますので吹抜などの空間にも利用出来ます。

ちょっとしたことを考慮すれば家造りは更に楽しいものになりますよ。

是非サンキホームで家造りをされてみませんか?

上棟

こんにちは、藤沢のサンキホームです。

昨日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表されました。関東甲信地方が6月に梅雨明けするのは初めてのことだそうです。

この時期、お施主様からよく聞かれるのが「木は雨に濡れても大丈夫?」という質問です。

木材には、細胞の内腔や細胞と細胞の間にたまっている「自由水」と、細胞壁物質と結合して結晶状になっている「結合水」があります。
木材の乾燥過程では、まず「自由水」から蒸発します。
「自由水」が消失した時の木材の含水率は約30%で、この状態を「繊維飽和点」といいます。
「自由水」の量の変化は重量の変化はあっても、木材の性質には影響ありませんが、さらに乾燥させると「結合水」が蒸発し、木材は安定し、より強度が上がっていくのです。
そして最終的に安定する含水率を「平衡含水率」といい、
この状態になると木材は、乾燥すると水分を放出し、湿ってくると吸収するという調湿機能を発揮します。
雨に濡れて水分を吸ったとしても、また放出し、もとの「平衡含水率」に戻っていくのです。

とはいえ、出来れば濡らしたくないと思うのは、当社もお施主様も同じです。
先日サンキホームで上棟した建物では、土台敷の際に床下の断熱材、床下地パネルを施工してから上棟するところを、手間はかかりますが、先に棟上げし、断熱材や床下地パネルを後で施工するという方法をとってみました。